WordPress

【2018年更新】Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

こんばんは。兼業アフィリエイターの有美です。

現在、3月15日までの確定申告の準備に追われています。

医療費控除の集計や青色申告が終わったので、後は確定申告の用紙の作成をすれば終わりです。

さて、それよりも先日、メインブログのでサイトマップエラーになっていました。

そこで解決方法を色々調べ、根本的解決を見つけたのでご紹介します。

スポンサードリンク

サイトマップがHTMLエラーです

いつものように、メインブログを更新し、Fetch as googleに登録した時にエラーになりました。

あれ?と思い、Search Consoleを見てみると、「サイトマップがHTMLです」というエラーが出ていました。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

こんな感じです。

え?どういうこと?と思い、ネットで調べてみると、どうも原因はWordPressでサイトマップ作成に使用しているプラグイン・Google XML Sitemapsにあるようです。

Google XML Sitemaps(4.0)以上で出ているようです。

Google XML Sitemapsで作成したサイトマップは、"https://ドメイン/sitemap.xml" になっているハズ、と思ってURLを入力してみましたが、表示されたのはサイトマップじゃなくて、トップページでした。

サイトマップのはずがサイトマップじゃない。

 

「それじゃ、エラーになるはずだ」

 

原因はわかったものの、どう対処したらいいのやら。

そこでGoogleで調べてみました。

 

HTMLエラーの解決方法

ネットで調べた解決方法は以下でした。

  1. Google XML Sitemapsをダウングレードする → 却下
  2. 人的sitemapをsitemapsに変える → エラーのため却下
  3. /index.php?xml_sitemap=params= とする → 完全解決!

2018年6月17日追記:sitemap.xmlに戻ったブログとindex.php?xml_sitemap=params=のままのブログが存在しています。

なので、WordPress管理画面の "設定" → "XML-Sitemap" にサイトマップのURLが表示されているので、そこでご自分のブログのサイトマップのURLを確認して下さい。

それぞれの方法を解説しますね。

Google XML Sitemapsをダウングレードする

Google XML Sitemapsをダウングレードする方法としては、使用しているGoogle XML Sitemapsを停止させて削除します。

 

「プラグイン」→「インストール済み」→「Google XML Sitemaps」を停止せます。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

プラグインを停止させたら、プラグインを削除します。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

次に、Google XML Sitemapsの公式サイトから、古いバージョンのGoogle XML Sitemapsをダウンロードします。

Google XML Sitemaps公式ページ

上記のサイトから、古いバージョンをダウンロードします。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

ダウンロードしたZIPファイルは解凍せずにそのまま、デスクトップなどわかりやすいところに置きます。

そして、WordPressのダッシュボードから、「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」をクリックします。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

ここで、先ほどダウンロードしたZIPファイルを選択し、アップロードします。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

古いバージョンのGoogle XML Sitemapsをアップロードしたら、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」→"Google XML Sitemaps" を有効化します。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

これで、OKです。

ただし、この方法では、プラグインのアップデートが来た時に、まとめてアップデートなどをして間違えてこのプラグインもアップデートした場合は、再度一からやり直す必要があります

なので、これは根本的解決にはならないですね。

人的sitemapをsitemapsに変える方法

これは、人的sitemapをsitemapsに変えるというもの。

人間用のサイトマップであるsitemap.htmlをコピーして、sitemaps.htmlとし、Search Consoleに登録するという方法です。

 

「固定ページ」→「固定ページ一覧」のサイトマップを複製します。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

そして、複製されたサイトマップのページを開き、URLに"s"を足してsitemapsに変更し、OKをクリックします。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

この固定ページを「保存」すれば準備はOKです。

そして、Search Consoleに今作った、”sitemaps.html” をサイトマップとして登録します。

この時、テストができるので、まずはテストをしてからがいいかもしれません。

 

Search Consoleのサイトマップへ行き、「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

そして、sitemaps.htmlと入力し、"テスト" をクリックします。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

テスト結果が見られます。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

これでエラーが出なければOKです。

ただ、私の場合、なぜかエラーになってしまいました。

なので、人的sitemapをsitemapsとして流用することは諦めました。

Google XML Sitemaps最新バージョンを使う

人的サイトマップをGoogleのサイトマップにあてることができればそれでいいのですが、これも簡単です。

ただ、なぜだか紹介しているブログが少なかったのですが。

これはやり方めっちゃ簡単です。

今まで紹介した2つの方法よりも簡単です。

従来のGoogle XML Sitemapsでサイトマップを作成した場合、サイトマップのURLから新しいURLに変えてあげるだけ。

どういうことかというと...

http://ドメイン/sitemap.xml

http://ドメイン/index.php?xml_sitemap=params=

に変える。

つまり、Search Consoleでサイトマップの追加をする時に、"index.php?xml_sitemap=params=" と入れればいいだけ。

Google Search Consoleで "サイトマップがHTMLページです" とエラーになった場合の根本的解決方法!

 

2018年2月現在のGoogle XML Sitemapsのバージョンは4.0.9ですが、このバージョンでは問題なくサイトマップとして認識されていますし、その後エラーもありません

2018年6月追記:Google XML Sitemapsのバージョンは4.0.9から変わりありませんが、"設定" → "XML-Sitemap" の画面上部に "あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:"としてサイトマップURLが表示されていて、"URL/sitemap.xml" になっているブログと、"URL/index.php?xml_sitemap=params=" になっているブログがあります

私の所有ブログの一つが同じバージョンであるにも関わらず、サイトマップのURLはエラーが出ていた時の、"index.php?xml_sitemap=params=" のままです。

入れいてるプラグインはほぼ一緒なのですが、違う点といえばWordPressのテーマですね。テーマにより違うのかは不明ですが、自分のブログのサイトマップのURLがどちらかは、"設定" → "XML-Sitemap" で確認して下さい。

"sitemap.xml" になっているブログ

Google向けサイトマップのURLは?

こちらは、"index.php?xml_sitemap=params=" になっているブログ

index.php?xml_sitemap=params=

スポンサードリンク

さいごに

結局、Google XML Sitemapsのバージョンアップに伴い、サイトマップの形式というかURLが変わっていたということなんですよね。

問題は、変わった新しいURLがわからないから、パニックになってしまっただけなのですが。

わかってしまえば、プラグインのバージョンアップも怖くないんですけどね。

ただ、一つ気になる点としては、またプラグインのバージョンアップでURLが変わったりしないか、ということです。

でも、現時点でサイトマップがHTMLエラーになっている人は簡単なので、新しいURLでサイトマップを登録してみて下さいね。

6月17日追記:"sitemap.xml" に戻っていたブログと"index.php?xml_sitemap=params="となっているブログが混在していて、なぜこういうことになっているのか、現段階では分かりません。

自分のブログのサイトマップのURLは、管理画面の "設定" → "XML-Sitemap" で確認して下さい。

人的sitemapを流用していた方はそのままで大丈夫です。

 

【関連記事】
【2017年版】初心者でもできる!Google XML Sitemapsの設定方法

WordPressお助けサポート

WordPressお助けサポート

・WordPressでブログを始めたいけれど、どうしたらいいかわからない
・WordPressを使っているけれどエラーが出て困っている
・WordPressを他のサーバーに移したいけれど、どうしたらいいのかわからない

WordPressで困ったらWordPressサポートがお手伝いします
  • この記事を書いた人

伊藤有美

難病を抱えながら7年間シングル介護。 元ネットショップオーナー。 ネットショップ運営中に、特化型ブログと出会う。 介護による時間切迫により2018年から専業に。 現在はフリーでブログを書くかたわら、サイト作成、Webデザインなどをしています。

-WordPress
-, , ,

© 2021 無限大の夢を叶えるブログ